雑誌の感想:SnowBoarder 2014 vol.3

雑誌の感想:SnowBoarder 2014 vol.3

SnowBoarder2014 vol.3 (ブルーガイド・グラフィック)

新品価格
¥1,300から
(2013/12/28 16:33時点)

 みなさんこんにちは。エス氏です。雑誌の感想、今回はSnowBoarderです。スタイルとオリンピックが特集ですね。付録はオリジナルフェイスマスクでした。

GACKTスペシャルインタビュー

 ガクトさんはスノーボード好きなんですね。実にいいこと言っています。

「できない」っていう言葉で終わりたくない。「できないことなんて何もない。足りないものがあるからできないだけで、その条件を全部揃えて、行動力がそこに伴えば、必ず達成できる」とボクは常に考えている。

自分のやりたいことだけを考えて生きるのは、20代がやること。30代になったら「誰かのために何かができるんじゃないか」と考えて探していく生き方がいいんじゃない?40代になったら、それを形にしていくことが大切であって、それが大人になるってことなんじゃないかな。

ガクト

 エス氏も一応は「誰かのために」と考えてブログを書いておりますので、ガクトさんには共感できました。
 しかしながらキスマークのガクトモデルはあり得ないくらいダサいと思います。

2014ソチオリンピック

 注目はやはり平野歩夢選手ですね〜。まあ雑誌で読んで知ったわけですが。日本人選手がメダルを取ったらスノーボード人気もいくらか回復するかも知れませんね。
 まあ疾風ロンドで東野圭吾さんが書いているように、一時のブームではなく冬の趣味やレジャーとしてより根付くことが大切だとは思いますけど。

スタイルをプラス

 あまり難しい技はできないエス氏ですが、カービングや簡単な技でもかっこいいスタイルが出せればいいなとは思っています。思っているだけで、全然スタイル出てませんけど。この特集を読んで、今シーズンはいくらかかっこよく滑りたいですね。

180バリエーション

 スピンの基本180の解説。トゥとヒール両方の踏切が解説されていていい感じですね。グラトリとキッカーの両方が解説されています。エス氏もよく読んで勉強します。

13/14ゴーグルガイド

 ゴーグルの選び方や人気ブランドの紹介など。エス氏はフレームレスのゴーグルがかっこいいと思いますね。ちなみに友人Oのキスマークのゴーグルはバックルが壊れてゴミになりました。
 プロライダーさんが使っているゴーグルのページでは、チョコバニラボール新井さんがC.V.B Araiと略されていました。

ニッポンのゲレンデに行こう!

 編集部おすすめの7ゲレンデの紹介ですね。ニセコ、赤倉観光、たんばら、ノルン水上、めいほう、びわ湖バレイ、奥伊吹というラインナップを見ると、なんだ広告記事かよと萎えますね。

魅せるすべりをマスターしよう

 ビッテリーターンに憧れているエス氏です。肘とか横腹を雪面に着けて滑っているんですね〜。これはかっちょいいですね。

ファーストチルドレン year of Quest

 FCのDVDですね。エス氏のホームゲレンデ小丸山も出てくるので楽しみにしてます。もしかして小丸山のここか?なんて知っている場所が出てくると嬉しくなりますね。ヘリを使った撮影は迫力あります。ラジコンヘリで真似できないものでしょうか。持ってませんけど。そもそもエス氏の低いジャンプには必要ありませんね。

ワクシングテクニック

 ホットワックスした後は剥がさずに塗りっぱなしのエス氏ですが、ヌリッパという塗りっぱなしでいいワックスがあるとは知りませんでした。エッジ際だけワックスを塗るという、エス氏がよくやる方法も紹介されていました。

ゴーグル&サングラス レンズの選び方&アフターケア

 ゴーグルガイドと合わせて読むと勉強になりますね。

How to use AR

 COCOARというスマホの無料アプリを使うと、[AR]のロゴが入った紙面を読み取ってウェブサイトにつながるとかなんとか。試してみましたが、操作は簡単。QRコードを読み取る時のように、[AR]のロゴがあるページをスキャンするだけです。読み取りが完了すると、SnowBoarderのサイトにつながって、動画が見られたりします。
 何だこのクソアプリ…と思うのは私だけでしょうか。今号ではでは2ページしか対応してないですし。

まとめ

 今回もなかなかタメになりましたね。ガクト△〜。ちなみにキスマークのガクトモデルを愛用していた友人O。今シーズンどんどん買い替えています。もう彼がキスマークの道具を買うことは二度とないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です