白銀ジャック ドラマと漫画

白銀ジャック ドラマと漫画

白銀ジャックドラマ

 みなさんこんにちは。エス氏です。先日ドラマの白銀ジャックを見ましたが、面白かったですね〜。その後たまたまコンビニで漫画が置いてあったので、買って読んでみました。原作は読み返していませんが、ドラマと漫画の感想を書きました。ネタバレありです。

 ドラマを見逃してしまった方は、ネットで動画を検索すれば見られますよ〜。

テレビ朝日「白銀ジャック」

東野圭吾ミステリー「白銀ジャック」

登場人物

 主人公倉田役はまさかの渡辺謙さん。原作の倉田は滑るシーンとか無いですし、あまり主人公っぽくないと思っていましたが、やっぱり渡辺謙さんはかっこいいですわ。漫画版ではスマートなイケメンおやじに見えますね。

 原作では主役級の活躍をした根津は、ドラマでは雑魚キャラでしたね。もう少し男っぽいヤツだと思っていましたが、ちとイケメン過ぎました。根津のいいところを倉田にもっていかれた感じですわ。これでは続編の主人公にはなれませんのう。漫画版では美人ボーダー千晶をひいきしまくってる感じです。これで千晶が可愛くなかったら根津もシカトしたことでしょう。
 犯人を追いかけて逃げられて怒られたり、入江さん犯人説が勘違いだったり、いろいろ空回りしているキャラですね。

 広末の絵留はイメージ通りでした。あんな美人パトロールはあり得ないと思いますけど。原作では最後に倉田とくっつきますが、ドラマではそんな描写もなかったような。漫画版の絵留は優しげですが、ドラマの絵留は千晶の従兄弟にやたらとキツかったですねー。能力的には根津以上で、優秀だと思います。

 千晶役の山下リオさんはとっても可愛いのですが、千晶の全然イメージとは全然違いましたわー。エス氏の中ではもう少し色っぽい感じだったんですけどね。漫画版の方がイメージに近かったです。根津がひいきするのもやむを得ませんな。
 それにしても千晶は滑走禁止区域を滑るのはともかく、危険を冒してまで根津に協力する動機がいまいちよく分かりませんでした。

ストーリーについて

 原作では架空の新月高原スキー場が舞台でしたが、ドラマでは安比高原スキー場が舞台となっております。ドラマとはいえ、スキー場経営陣がクズ過ぎて安比高原のイメージダウンなんじゃないかと思いましたが、大丈夫なんでしょうか。

 ゲレンデのどこかに仕掛けられた爆弾によってスキー場が脅迫されるというストーリーなわけですが、実際にそういう事態になった場合は普通に考えると警察に届けるんでしょうね。白銀ジャックではスキー場経営陣が犯人に金を払うわけですが、爆弾が仕掛けられているゲレンデで客を滑らせていたなんてことが発覚した場合を想定すると、余りにもリスクが大きすぎると思うんですよねー。爆弾が撤去される保証も無いのにおとなしく金を払うなんてあり得ないと思います。

 この物語でスノーボーダーはかなりDQNな印象ですな。千晶は滑走禁止区域を滑りまりでルールを守らないクソ野郎です。増淵は入江さんの奥さんに追突した後逃走し、奥さんは死亡。立派な殺人犯です。加えてスキー場を脅迫して6,000万円もの大金をゲット。脅迫については同情の余地はありますが、やってることは完全に犯罪ですからねー。エス氏なら6,000万円ゲットした時点で北月町を見捨てて逃走すると思います。ドラマでは増淵が罪を償うと宣言するシーンが無くて残念でした。

 脅迫についてはあまり現実的ではないのですが、滑走禁止区域を滑ることに関してはありふれていると思います。一応マナーを守っているつもりのエス氏は滑走禁止区域には入りませんが、ゲレンデではもう当たり前のように大勢のスキーヤー、スノーボーダーが滑っていますね。エス氏としては、パトロールに注意されてもルール違反を繰り返す千晶の様なキャラクターを活躍させないで欲しかったですわ。
 ちなみに滑走禁止区域を滑っていると、美男美女のパトロールと知り合えるというのは完全にフィクションですので。

 ドラマで気になったのはスノーボードでの追いかけっこのシーンで、いちいちトリックを入れることでしょうか。遊んでるんじゃないんだから…。トリックに失敗して転倒⇒捕まるとかアホ過ぎてゲンナリしました。

ブランドについて

one2

 ドラマでは様々なブランドの道具が登場しましたね。エス氏が気になったのは倉田と根津が使っていたSWANSので、けっこう目立ってました。あまりかっこよくはありませんでしたけど。
 根津のスキーはSALOMONでしたね。BURTONのボードも出てきました。マニアックなところでは、ちらりとONEのボードも出てきました…。ウェアでは何といっても倉田が着ていたMAMMUTのジャケットとpaarchives/tagoniaのベストが良かったですね〜。エス氏も欲しくなりましたわ。
 出てくるブランドはけっこう気になってしまいましたね。

倉田2

 というわけで物語も面白く、ブランドチェックの楽しみもあり、早く滑りに行きたいな〜と思わせてくれるいいドラマでしたね。漫画も500円くらいで安い割には読み応えがあるのでおすすめです。
 ドラマのラストで倉田がゲレンデを滑り降りるところはかっこいいですね。撮影している人が凄いと思いましたわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です