長野 不明のスノーボーダー発見か

長野 不明のスノーボーダー発見か

 みなさんこんにちは。エス氏です。年末年始を白馬で過ごしたエス氏ですが、大晦日と元旦は天候に恵まれましたね。特に大晦日は天気も雪も最高でした。2日は雪が降り始めたので、数本滑っただけでとっとと帰ることにしました。渋滞に巻き込まれるのも嫌ですからね。

 天候が悪化するとテンション下がるんですよねー。リフトの上とか寒いですし。滑っていてもコースがよく見えないですからね。正直あまり楽しめません。雪が降るなら夜のうちに降ってくれて、翌朝は晴天、というのが最高ですな。深雪も滑れちゃったりすると完璧です。なんといってもパウダースノーはスノーボード最大の楽しみですからね。

 さて新年早々残念なスノーボーダーさんたちのニュースです。

会社員通報「スノボの妻らと連絡とれない」 YOMIURI ONLINE 2012.1.3

長野 不明のスノーボーダー発見か NHK NEWS 2012.1.3

 野沢温泉スキー場のコース外の深雪を滑ろうとして遭難してしまったDQNボーダー3人組が、一夜明けて自力で下山しているところを発見されたというニュースです。発見されて良かったですね〜。毎年この手のDQNが死亡する事故が必ず起きていますからね。
 滑走禁止区域を滑るのは完全にルール違反です。深雪を滑りたい気持ちは分かりますけど。DQNボーダー3人組は年齢が40代と30代の男女ですからね。いい歳した大人が・・・。
 毎年の風物詩となった感さえあるこの手のDQNボーダーのニュースに対する、世間の風当たりも冷たいような気がします。スノーボーダー全体のイメージダウンになるのでやめてもらいたいですな。
 彼らが職場での「年末年始なにしていた?」という新年の挨拶のような質問のどう答えるのか、とても興味ありますねー。

 まあコース外に出て滑ろうとするくらいですから、そこそこは腕に覚えありだったのかもしれません。ですが天候や雪山での状況判断が甘く、結果としてニュースになるくらいの事故を起こしてしまってますからね。経験が浅く、己の腕を過信したのでしょう。
 大勢の方に迷惑をかけないように、スノーボードはコース内で楽しんだ方が良いと思います。少なくとも行方不明にはなりませんから。

 ちなみに経験を積んだスノーボーダーであるエス氏は、コース外は滑りません。バックカントリーの知識も経験も無く、ついでに体力もありませんから、オレなんぞがコース外に出るとマジで死んじゃう・・・というくらいのことが分かる程度には、スノーボードの経験があるのですわ ┐(´ー`)┌

小っ恥ずかしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です