雑誌の感想:SnowBoarder 2015 vol.2

雑誌の感想:SnowBoarder 2015 vol.2

 みなさんこんにちは。エス氏です。雑誌の感想、SnowBoarder 2015 vol.2です。付録はトートバッグにジェイミー・リンの絵が書いてあるという代物です。

5 RIDER’S in ALASKA

 ライダー5人+2人でアラスカを滑ったという記事。内容は面白いのですが、テキストは誰が書いているのか分かりにくかったですな。どうも入江昌秋さんというライダーさんが書いている様ですが、本文中では江昌秋と記載されているからでしょうか…。他にも誤字が気になりましたな。
 最後の文章で、編集作業をしながら、いつかアラスカを見てみたいと思ったのは誰の感想だったのでしょう。

 アラスカがアメリカ本土の中で日本から一番近いというのは驚きましたね。スノーボーダーとしてはいつか滑ってみたいと思わないこともないですが、具体的なイメージがまったく湧きませんのう。どうせなら日程や旅費などアラスカで滑るための使える情報も欲しいですな。

THE DOORS to NEW WORLO

 小西隆文さんが男3人旅でカナダのウィスラーのバックカントリーを滑ったという記事。小西さんの文章は面白いですね〜。プロスノーボーダーがカナダで滑って雑誌に記事が載る。経費や報酬はいくらくらいなんでしょう。単なる好奇心ですが、気になります。

パウダーのたしなみ

 関温泉で竹内正則さんがパウダーを滑る様を紹介する記事ですが、竹内さんは写真に写っているだけで、実はカメラマンさんが文章も書いているのですが…。パウダーの滑り方やらコンディションについてもカメラマンさんが書いていて、MASAじゃねーのかよと思ったのはエス氏だけでしょうか。しかも連続写真がイマイチなんですよね。「カメラに合わせてヒールで切ったスプレーは、人の頭を軽く超える」という記述があるのですが、1番大きく載っている写真ではスプレーはそれほど大きくないんですよね…。スプレーに完全にライダーが隠れてしまってる写真とかいらない気がします。文章もやたらサーフィンに例えたりしてますが、パウダー好きが必ずしもサーファーとは限りませんからね。

富山KITOKITO

 写真と文章は先ほど同じ人ですが、エス氏的にはこちらの記事の方が好きですね。スプレーを上げている写真に、「気合いのトウサイド」とかおっさん臭さいコメントがあったりしていい感じです。とりあえず富山でブリを食べたくなりました。

Powder Meeting in Nozawa 2014 & POWDER BOARD TEST

 野沢温泉で開催されたパウダーミーティングにはエス氏も参加しましたが、まったく酷い雪質でしたなあ。記事でも「雪質的にはあいにくのコンディション」との記載がありますが、極上の雪ではなかったという感じで書いてあって笑えます。
 ライダーさんによるパウダーボードの試乗記事で気になったのは、ジョーンズのホバークラフトの値段。現地で試乗した際にスタッフに聞いた話では、リーズナブルな価格で多くの人に乗ってもらいたいということだったのに…値上がりしてますわ。

2Day Trip to ALTS

 スノーボーダーの要望を全てみたしてくれるゲレンデ。それがスノーボーダーの聖地と呼ばれる星野リゾートアルツ磐梯なんです。という分かりやすい提灯記事。本当に聖地なのかググってみると、ヤフー知恵袋にありましたね。単なるゲレンデのキャッチコピーとのことですが、実際どーなんですかね。一度は滑りに行ってみたいですのう。

大人女子旅 in TOMAMU

ビッケ

 こちらも星野リゾートさんのゲレンデ、北海道のトマムの記事ですね。大人女子ライダーさんの水着や入浴シーンまであって楽しそうです。ライダーの1人斉藤朋子さんの愛称ビッケとは、小さなバイキングのことなのか気になりました。
 エス氏も女の子とこういうリゾートへ行きたいな〜なんて思ったりもしましたが、どうせ北海道に行くなら女の子そっちのけで極上パウダーを滑りたい気もしますな。トマムにはパウダーを楽しむためのプログラムが複数用意されている様ですし。

JAMIE LYNN

 エス氏の憧れジェイミーを紹介する記事。この記事のためだけに雑誌を買ってもいいですわ。

リスク回避してパウダーをすべろう

 バックカントリーを滑る際の基礎知識が紹介されています。こういう真面目な記事は大好きですね。パウダーグラトリはやったことがないので、今シーズンはチャレンジしてみたいです。

フリースタイルレベルを上げるターン

 ターンの記事と見せかけて実は180°がメインだったりします。なんじゃこりゃ。

圧力と解放 カービングマル秘テクニック

 実に体育会系なカービングテクニックの記事です。こういう記事好きなんですよね…さっそく練習したくなりましたわ。

Wonderful SnowBoard Life!!

 早期オープンのゲレンデ一覧はありがたいですね。さっぱり情報収集していなかったもので。

感想

 スノーボードと旅に出よう、というテーマだったわけですが、エス氏も『旅』という、普段滑ってるゲレンデに行くよりはもう少しディープだったり贅沢だったりな体験をしたいものですな。でも結局は普段滑ってるゲレンデでコツコツ練習している間に今シーズンも終わってしまう気もします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です